五條 の街のでんきやさん カトウ電器
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お風呂のカビ
この蒸し暑い季節、お風呂のカビ気になりますよね。

キレイにお風呂掃除をしても、冬場より明らかにカビが発生する頻度が早いです

そもそも、お風呂のカビは何者なのでしょうか?

カビは細菌とは違い、多細胞の微生物の一種なのです。
空中に舞う胞子が水分を吸収して発芽し、有機物の汚れをエサにして糸状になります。
そして菌糸を伸ばして枝分かれしながら成長していきます。
.
お風呂にカビが発生しやすいのはどうして?

〇お風呂の室温が、カビが繁殖しやすい20〜30度
〇お風呂の湿度が、カビが発生しやすい湿度80%〜100%
〇お風呂には人の垢や石鹸やシャンプーなどのカビの栄養源となるタンパク質がいっぱい

これらを気をつければカビは発生しにくくなると思います。
でも、毎日入るお風呂でこれらを徹底的になくすのは難しいですよね。

そこで、お風呂のカビの予防方法として・・・

★お風呂をでる前に、洗い場や壁にシャワーをかけてシャンプーやボディーソープが飛んだのを流します。
シャワーをかけることで、お風呂を低温にし、カビにとっての栄養源を流せます。

★お風呂に窓がある場合は窓を開けて、換気扇をON!
 (時間があれば、壁や床の水分を拭き取る)
こうすることで、お風呂場の湿度を減らせます。
 .
お風呂の換気扇は長時間つけることがポイント!

お風呂の換気扇は、お風呂上りに1〜2時間程度つけるという方が多いようですが、それだけだと不十分なのです。

お風呂上りに長時間換気扇をつけっぱなしにしておくと、明らかにお風呂のカビの発生頻度が減ります。

でも、気になるのが電気代ですよね。

消費電力28Wの換気扇を毎日8時間使うと、一ヶ月の電気代は約170円(1kwhを24円として計算した場合)になります。

とうことで、カビが発生する度にカビ取り剤を使うよりも安いかもしれません。


換気扇を回しているけど換気があまりできていないような気がするというお客さんもいらっしゃいます。

換気扇もカビが発生したり、ほこりがついたりと、原因は様々です。


当店では浴室換気扇の販売・修理・施工もしております。

お見積りは無料でさせていただきます。

お気軽に当店までお問い合わせください

㈱カトウ電器
tel 0747-23-1556
五條市田園4丁目2-4


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。