五條 の街のでんきやさん カトウ電器
3月3日
今日はひな祭り

ひな祭りは桃の節句ともよばれていますよね


ここで、豆知識

Q:ひな祭りに桃の花を飾るのは、なぜでしょうか?

A:古代中国では桃の花は魔除けの力があると考えられていました。
  桃の花をかわいがり、桃の花を浮かべたお酒を飲み、桃の葉を入れたお風呂に入る。
  こうして古代中国の人たちは、3月3日に無病息災を願っていたそうです。


Q:ひな祭りに食べる食べ物の定番の、ちらし寿司・ハマグリのお吸い物・菱餅・ひなあられ
  どうして、ちらし寿司・ハマグリのお吸い物・菱餅・ひなあられを食べるようになったの?

A:ちらし寿司の具には海老や菜の花を使いますよね。
  海老は、腰の曲がっている海老は長生きの象徴
  菜の花は、春らしさが感じられる

この具の示す意味が春の行事「ひな祭り」にふさわしいということで、ちらし寿司が食べられるようになったという説があります。この他にも色々な具が混ざり合わさっていることから、将来食べ物に困りませんようにという願いも込められているそうです。


A:ハマグリのお吸い物には、2枚の貝殻のハマグリが入っていますよね。
この貝殻は合わさっていた貝殻同士以外、他のハマグリの貝殻とピッタリ合うことはありません。
このことから、幸せな絆の深い円満夫婦になりますようにという願いが込められているそうです。


A:菱餅は紅・白・緑の3色ですよね。
その3色には、ちゃんと意味があります。

紅・・開花
白・・雪解け
緑・・新芽

雪が解けて、新芽が出て、赤い花が咲く・・・春の訪れを意味しています。

ひなあられは菱餅を小さく切って揚げたものなので、菱餅と同じ意味だそうです。



子供さんにも、ひな祭りの由来教えてあげてくださいね
  

103.jpg


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック